TOP > 活動報告 > GReAT7プロジェクト

GReAT7プロジェクト

GReAT7プロジェクトとは

「太陽光パネルリサイクル施設 新設・稼働」

株式会社青南商事、仙台工場に太陽光パネルリサイクル施設が新設されました。この施設では、太陽光パネルの分離を行う機械を導入し、ジャンクションボックス、アルミフレーム、ガラス、EVA/セルシートに分離することができます。これにより、ガラスと金属の完全リサイクルが可能となりました。宮城県内で太陽光パネル処理設備を導入したのは、SEINANグループが初となります。 太陽光パネルの多くはガラスで構成されており、これまでは破砕して埋立されるのが一般的な処分方法でした。これにより、最終処分場のひっ迫のほか、太陽光パネルには鉛やカドミウムなどの有害物質が含まれており、処分について問題となっていますが、新工場で導入した機械では、これまでは困難とされていたパネルとガラスを、有害物質が混ざることなく分離させることができます。 分離したジャンクションボックスとアルミフレームはSEINANグループでリサイクルされ、その他のガラスとEVA/セルシートは、そのまま販売される予定です。

 

株式会社青南商事 太陽光パネルページ

 

 

 

GReAT7プロジェクトの概要

GReATプロジェクト7
  • 図を拡大する
関連資料